ToAのMaRyGoTo

ToAのMaRuGoTo

思いついたときに、ゲームの話とかアニメとか映画とかについて書いています。

MENU

Aimerが好きすぎて、Apple musicがaimerだらけになりつつある。

こんばんは。

ガンダムUC』、『THE ORIGIN』と、最近観たアニメがガンダムだらけという状態にちょっと頭を抱えているToAです。

これを書くために久々にガンダムUCを見返しましたが、ほんといいアニメですね。

久々にスパロボやりたくなった。

 

 

 

澤野弘之ガンダム、そしてAimer

ガンダムUCを見ていた時に感じたのが、その音楽性の高さでした。

episode1「ユニコーンの日」で、初めてユニコーンに乗り込むときのBGMにぐっと心をわしづかみにされて、「この曲手掛けてる人は誰?」と思って調べてみたところ、澤野弘之さんの名前を知りました。

彼岸島』や『陰日向に咲く』、劇場版『進撃の巨人』、『東京タワー』などなど、有名な作品の楽曲を手掛けている方だと知って、「このドラマ観てたー!!(;´・ω・)」と驚いたものです。知らなくてごめんなさい。

 

その澤野さんの作り出す、重厚かつ荘厳な曲と、aimerの歌声が重なり合うと本当に素晴らしい楽曲が出来上がるのだなあということを初めて知ったのがガンダムUCのep18でした。

リディとバナージがいよいよ対峙するというところでタイミングよく『RE:I AM』。

あの演出の素晴らしさもさることながら、aimerの歌声の力強さに圧倒されたのを覚えています。

 

aimerについて

aimerはバンドでベーシストをしていた父の影響で、音楽が身近にある環境に育ちます。

小学校の時にピアノを習い、中学からはアヴリル・ラヴィーンに憧れてギターを始め、さらに英語での作詞もしていたといいます。

才能のある人はやはり違いますね。

しかし、15歳の時に声帯を痛めるというアクシデントに見舞われます。

このとき、沈黙療法という治療法を選択したため半年間も発声ができない時期を経験されています。

歌手として活動するためには声は命です。

この時期、焦りや不安もあったのではないでしょうか。

しかし無事に回復を果たすと、現在の声と発声法で歌手活動を再開させます。

 そうして2011年の9月に『六等星の夜』でメジャーデビューを果たしました。

独特のハスキーボイス、力強さの中に繊細さと心地よい揺らめきのある歌声。

Aimerという歌手のすごさはこの魅力的な歌声にあると思っています。

 

ToAのおすすめ曲

1位 EGO

Aimerの曲で好きなものはと聞かれたら「全部好き!」と答えたいくらい、どの曲も本当に好きなのですが一番好きなのはこの『EGO』だと思います。

元々は小林未郁(こばやしみか)さんの曲で、原曲は美しいピアノの音色と小林さんの高く、柔らかく、そしてどこまでも優しく伸びやかな歌声が重なり合う「神曲」といっても過言ではない素晴らしい楽曲でした。

EGO

EGO

  • 小林未郁
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 Aimerバージョンの『EGO』はテンポが上がって、曲調も厳かながらどこか明るく仕立てられている感じを受けました。

原曲ももちろん大好きですが、Aimerバージョンのものは聴いていると心が軽くなるので好んで聴いています。

EGO

EGO

  • provided courtesy of iTunes

 

 2位 RE:I AM

 ガンダムUC ep18の主題歌だった『RE:I AM』。

サビの力強い歌声を初めて聞いたときは、鳥肌が立つほどの感動を覚えました。

ガンダムUCのサントラに入っている、Aimer・naNami・Tielleの3人で歌っている『RE:I AM』は本当にすごかった。

 

RE:I AM

RE:I AM

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

3位 花の唄

 ガンダムUCの曲ではありませんが、ガンダムUCでの力強く前を向く勇気を与えてくれるような楽曲と違って、孤独感を感じる曲がこの『花の唄』。

Fate/stay night [Heaven's Feel]』の主題歌でした。

聴いていると不安感を掻き立てられるような、また新しいAimerの一面を発見できる1曲でした。

花の唄

花の唄

  • Aimer
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

終わりに

他にも好きな曲はいっぱいあるし、ガンダムUCの話と絡めたらもっともっと語れそうな感じはあるのですが止まらなくなりそうなのでこの辺で。

ガンダムという作品は、改めてじっくり見ると本当に深いアニメだと思っていて、その世界観に沿った音楽を創り出せる澤野弘之さんやAimerはすごいなあと感じています。

これ書くためにAimerの曲と澤野弘之さんの曲を聴き返したりもしてたんだけど、そうすると音楽に集中してしまって、まあ進まない進まない。

いい音楽に出会うことができると、本当に幸せな気持ちになりますね。